岩手のニュース

<台風10号>三鉄 被災者無料31日まで延長

 三陸鉄道(岩手県宮古市)は北リアス線で実施している台風10号被災者と支援ボランティアの運賃無料を31日まで延長した。16日で終了予定だったが、復旧が本格化してきたため支援が必要と判断した。
 被災者は罹災(りさい)証明書を示すと乗車券がもらえる。無人駅で乗車した場合、降車時に証明書を運転士に見せる。ボランティアは宮古−岩泉小本間と宮古−久慈間で無料。宮古駅窓口で自己申告し、駅員が服装などを確認して往復乗車券を発行する。
 橋上和司旅客サービス部長は「ようやく罹災証明を受け取った沿線住民も多いので、延長を決めた」と話す。


関連ページ: 岩手 社会

2016年10月20日木曜日


先頭に戻る