宮城のニュース

福井の「げんきくん」今年もやってきた!

昨年に続き、美里町に姿を見せた「げんきくん」=2016年10月20日午前11時10分ごろ

 宮城県美里町南郷地区の田園地帯に国の特別天然記念物のコウノトリが飛来している。福井県で昨年放鳥された雄の「げんきくん」で、昨年10〜12月にも同地区に姿を見せた。2年連続の「幸福の使者」訪問に、町関係者は「豊かな自然を気に入ってくれたのかな」と喜んでいる。
 衛星利用測位システム(GPS)発信器の情報によると、町に飛来したのは9月4日。その後、今月20日までほぼ一貫して町内にとどまり続けている。南郷地区には昨年秋、1カ月半以上滞在した。福井県自然環境課は「同じ場所を何度も訪れる習性があるかはまだ分からないが、長期間とどまるのは環境がいいのだろう」と話す。
 コウノトリは翼を広げると約2メートルの大型の鳥だが、警戒心が強く人が近づくと驚く。町は「見つけても騒がず、温かく見守ってほしい」と呼び掛けている。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月21日金曜日


先頭に戻る