宮城のニュース

<特殊詐欺>架け子14人逮捕 9人否認

 社債購入名目で現金をだまし取ったとして、宮城、岐阜両県警の合同捜査本部は20日までに、詐欺の疑いで、静岡県御殿場市、無職沓間龍一容疑者(30)ら男14人を逮捕した。うその電話をかける「架け子」グループで、沓間容疑者はリーダーとみられる。
 沓間容疑者ら5人の逮捕容疑は2015年11〜12月、岡山県の無職男性(88)に架空の社債購入を持ち掛け、100万円をだまし取った疑い。残る9人の逮捕容疑は17日、架空の株取引を持ち掛け、大阪府の無職女性(67)から300万円を詐取した疑い。
 宮城県警によると、沓間容疑者ら5人が容疑を認め、9人が否認している。別の特殊詐欺事件で逮捕された川崎市の無職常世田誠被告(36)=詐欺罪などで起訴=の供述から、かつて同じグループだった沓間容疑者らが浮上。捜査本部が19日、東京都内の雑居ビルにある拠点を摘発した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月21日金曜日


先頭に戻る