宮城のニュース

<ドラフト>DeNA8位進藤 直球で勝負

 JR東日本の職場で指名を知った進藤は「熱狂的なファンがいて、力を付けているチームに指名され、うれしい」と率直に喜びを語った。
 秋田・西仙北高時代は主戦として活躍したが、甲子園出場の経験はない。横浜商大に進み、本格派右腕として150キロを超える直球に磨きをかけた。「けがをしない丈夫な体を生かし、直球で勝負できるようになりたい」と意気込む。
 対戦したい選手にヤクルトの山田を挙げる。「同い年の強打者。自分の球がどれだけ通用するか試したい」と意欲を見せた。

[進藤拓也(しんどう・たくや)]投手=JR東日本=今春、上手投げから腕を下げたフォームに変更した。直球は最速153キロ。秋田・西仙北高−横浜商大出。181センチ、73キロ。右投げ右打ち。24歳。


2016年10月21日金曜日


先頭に戻る