宮城のニュース

<高校サッカー>宮城県大会 24校覇を競う

 第95回全国高校サッカー選手権県大会は22日、県サッカー場などで開幕する。県高校総体で8強に進出した仙台育英、東北、聖和学園、東北学院、仙台西、仙台商、利府、仙台城南と7月の1次予選を突破した16校の計24校が出場し、トーナメントで争う。
 優勝争いは、県総体覇者の仙台育英と準優勝の東北、6月の東北選手権を制した聖和学園が軸。昨年、2年連続で決勝に進出した宮城工も地力がある。
 決勝は11月5日、仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台で行われる。優勝校は12月30日に首都圏で始まる全国大会に出場する。


2016年10月21日金曜日


先頭に戻る