青森のニュース

<伊調馨>国民栄誉賞授与「まだまだ追求」

国民栄誉賞授与式で、安倍首相(右)から盾を受け取るレスリング女子58キロ級の伊調選手=20日午後、官邸

 リオデジャネイロ五輪レスリング女子58キロ級で金メダルを獲得し、女子個人種目で五輪史上初の4連覇を達成した伊調馨選手(32)=ALSOK、青森県八戸市出身=の国民栄誉賞授与式が20日、官邸であった。
 安倍晋三首相は「努力と修練を積み重ねて世界的な偉業を成し遂げ、国民に勇気と感動を与えた」とたたえ、賞状と盾、記念品の西陣織の帯を手渡した。
 授与式後、伊調選手は報道各社の取材に対し「国民栄誉賞を初めて実感し、身の引き締まる思いだ。(亡くなった)母が産んで育ててくれたから、世界初の(4連覇を達成した)女性になれた」と話した。
 首相からは2020年東京五輪での5連覇を期待されたという。伊調選手は「やり残したことだらけ。選手としてまだまだ追求してきたい」と語る一方、「しっかり覚悟を決めてからではないと4年後を目指すと言えない」と述べた。


2016年10月21日金曜日


先頭に戻る