広域のニュース

<ドラフト>中日2位京田 堅守武器に1軍へ

中日から2位指名され、笑顔を見せる京田

 日大の京田の持ち味は俊足を生かした堅い守り。高校時代から地道な反復練習を重ね、機敏な動きに磨きをかけてきた。「あいつに打たせればアウトだと投手から思ってもらえる選手になりたい」。大学屈指の遊撃手との呼び声が高い石川県能美市出身の22歳が、世代交代が進む中日でレギュラー取りに挑む。
 目標と定めるのが、同じ右投げ左打ちの遊撃手だった元中日の立浪和義氏。テレビ越しに見た堅実な守りに憧れ、中学校の時は著書も手に取った。「ミスタードラゴンズ」と呼ばれた名手は、高卒1年目から1軍の試合に出場。「自分も何とかチームに貢献できるよう、開幕1軍を目指す」
 細身の体とシュアな打撃も立浪氏に通じる。「長打を打てるバッターじゃない。状況に応じて進塁打を打ったり、必要な時はヒットを狙ったりできればいい」。まずは守備でチャンスをつかむ。(中日新聞)

[京田陽太(きょうだ・ようた)]内野手=日大=三拍子そろった大型遊撃手。堅実な守備が魅力で、走力もあり将来性は十分。長打力を兼ね備える。青森山田高出。182センチ、80キロ。右投げ左打ち。22歳。


2016年10月21日金曜日


先頭に戻る