宮城のニュース

<長沼ボート場>「財源示せ」議会で異論相次ぐ

ボート、カヌー・スプリント会場の代替候補に挙げられている宮城県長沼ボート場=登米市迫町

 2020年東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリント会場の代替候補地となっている宮城県長沼ボート場(登米市)を巡り、21日の県議会常任委員会で質問が相次いだ。議員からは県が試算した150億〜200億円の整備費と、財源の一部に東日本大震災復興基金を充てることに関し、異論が出た。
 総務企画委では議員6人が質問した。整備費の積算根拠と財源の内訳を示さない執行部に対し、みやぎ県民の声の遊佐美由紀氏(青葉選挙区)は「財政見通しを明らかにしなければ県民の理解は得られない。経済効果も試算すべきだ」と指摘。藤原範典氏(太白同)は「いきなり200億が出てきた。まるで手品だ」と疑問を呈した。
 復興基金の活用については、共産党県議団の遠藤いく子氏(青葉同)が「被災者の中には生活再建が困難な人もいる。復興財源を使うのは適切ではない」と批判した。
 県の伊東昭代震災復興・企画部長は「誘致が決まらない中で整備費の具体化を図るのは難しい。被災者が最優先というスタンスは変わらない」と強調した。
 文教警察委では公明党県議団の庄子賢一氏(宮城野同)が「都の関係者を現地に呼ぶなど、もっとアピールすべきだ」と訴えた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年10月22日土曜日


先頭に戻る