宮城のニュース

<官製談合>宮城県が2社の指名停止

 宮城県亘理町が発注した東日本大震災の排水路復旧工事の不正入札を巡る談合事件を受け、県は21日、社長が官製談合防止法違反などの疑いで逮捕された同町の八木工務店と渡辺工務店を22カ月の指名停止とした。
 県によると、県発注工事の受注実績は、八木工務店は2008年度以降なく、渡辺工務店は毎年1〜3件受注している。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月22日土曜日


先頭に戻る