宮城のニュース

<ベガルタ>野沢復帰 チームに活力

リーグ戦14試合ぶりの出場に向け闘志を燃やす野沢=21日、仙台市の泉サッカー場

 渡辺監督が「天才」と称す野沢が、ようやく戦列に復帰した。右太もも裏の肉離れを起こした7月2日の川崎戦以来、初めて試合に出場する可能性が高い。「久々の試合を楽しみにしている。勝つことだけを考える」と力強く前を見据えた。
 天才の名にふさわしい存在感を披露した。21日のセットプレーの練習。右足で軽やかに蹴り込んだ球は、何度も味方の頭にどんぴしゃり。20日の紅白戦では、2トップの相方ハモンロペスと素早いパス交換で、相手の守備の隙をつくった。
 前節鳥栖戦でハットトリックと大暴れしたハモンロペスは「素晴らしい」と野沢の復帰を喜ぶ。「守備の裏に飛び出すのをいつも見てくれる」。2試合連続ゴールに向け視界は良好だ。
 野沢は4月の神戸との前回対戦で先発し、ゴールを決めた。試合前に古巣のサポーターからブーイングを受けた直後の活躍だった。
 逆境に燃えるタイプだ。「前回は勝ち切れたのに引き分けてしまった。神戸は今好調だが、今回は勝ち点3を奪う」。並々ならぬ勝利への執念をのぞかせる。
 「彼の存在はチームも私自身も力強くしてくれる」と渡辺監督。ホーム4戦ぶりの勝利の舞台は整った。
(狭間優作)


2016年10月22日土曜日


先頭に戻る