秋田のニュース

クルーズ船来る?秋田港が高評価 中国2社視察

秋田港のポートタワーセリオン展望室から秋田市街を眺める任首席運営官(右)

 中国の大手クルーズ会社の天海郵輪(スカイシークルーズ、上海市)と凱撒旅游郵輪鎖售公司(カイサークルーズ、北京市)の幹部2人が21日、クルーズ船寄港地調査の一環として、秋田市の秋田港と市内の観光施設を視察した。訪日外国人旅行者の誘客促進に向けた国の事業で、一行は19日に秋田県入りしていた。
 秋田市を訪問したのは、天海郵輪の瞿娟副総裁と凱撒旅游郵輪鎖售公司の任涛首席運営官。秋田港のポートタワーセリオンを訪れた後、佐竹敬久知事を表敬訪問した。
 2社は日中韓3カ国でクルーズ船を運航している。瞿氏は「秋田には自然や伝統的なものがあり、中国人も好むはずだ」と指摘。任氏は「日本の各港に立ち寄る周遊コースを考えている。秋田も考慮したい」と述べた。
 佐竹知事は「来年度から秋田港に投資して、観光客を受け入れる環境を整備していく」と語った。
 視察期間は17〜21日で、新潟県を訪問した後、仙北市角館や男鹿市、秋田市の観光地を巡っていた。


関連ページ: 秋田 経済

2016年10月22日土曜日


先頭に戻る