福島のニュース

<東京五輪>サモアが福島・いわきで事前合宿

 福島県いわき市は21日、ラグビーのサモア代表が2020年東京五輪に出場する場合、市内で事前キャンプを実施すると明らかにした。本年度内にサモアのラグビー協会と覚書を締結する。
 覚書には20年までに国内で開催される他の国際試合の事前キャンプ実施も盛り込む。ワールドカップ(W杯)日本大会がある19年には、公認キャンプ前に独自キャンプを行う見込みという。
 いわき市は東京五輪でサモアの「ホストタウン」に登録されている。清水敏男市長は「事前キャンプだけでなく、文化やスポーツなど市民レベルの交流でも良い関係を構築したい」とコメントした。


関連ページ: 福島 スポーツ

2016年10月22日土曜日


先頭に戻る