宮城のニュース

<TPP>国会批准許さない 大崎で集会

「ガンバロー」を三唱する集会参加者

 環太平洋連携協定(TPP)の批准に反対する「TPP国会批准阻止県北大集会」が22日、大崎市の古川あさひ西公園で開かれた。
 TPP参加を止めさせたい大崎市議の会、TPP阻止大崎地域連絡会が主催し、約130人が参加。市議の会会長の門間忠議長は「グローバル企業のみに利益が集まり、地域農業に影響を及ぼす協定を許さず、批准しないよう十分な審議を求めたい」と訴えた。
 批准に反対する各政党代表や大崎地方の農協関係者らも「秘密主義で国民不在の交渉」「農業が疲弊してしまう」などと次々に断固反対の姿勢を表明。「重要農産品の交渉除外を求めた国会決議に反する批准の強行に絶対反対する」とする集会アピールを採択した。
 近く集会の代表者らが国会議決前に上京。県選出の与党国会議員に批准阻止への働き掛けを求める。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年10月23日日曜日


先頭に戻る