宮城のニュース

<白石市長選>山田氏「新しい風市民とつくる」

 「よっしゃー」。23日午後9時25分ごろ、白石市東町1丁目にある山田裕一さん(40)の事務所に吉報が届くと、集まった約200人は喜びを爆発させた。
 前哨戦は市民の関心が高まらず、陣営は「敵は低投票率だ」と危機感を募らせた。選挙戦に入ると、自民、公明両党の国会議員や県議のほか、現職の風間康静市長も加勢。市議時代に築いた若手主体の後援会と分厚い支援組織がかみ合い、支持を急速に広げた。
 妻の芳枝さん(47)と共に大きな拍手で迎えられた山田さんは「本当に厳しい、苦しい選挙戦だった」と振り返り、「山積する市政課題を一つずつ解決し、新しい風、新しい白石を市民の皆さんと一緒につくりたい」と有言実行を誓った。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年10月24日月曜日


先頭に戻る