宮城のニュース

<汚染廃棄物>栗原市長「県説明聞き対応決める」

 福島第1原発事故で発生した国の基準値以下の放射性廃棄物に関し、宮城県が県内の焼却施設で一斉処理を進める方針を決めたことについて、宮城県栗原市の佐藤勇市長は24日、「県の説明を聞いた上で対応を決める」と述べるにとどめた。
 佐藤市長は「まだ県から具体的な説明を受けていない」とした上で「市民にとって敏感な問題。会議後に話を持ち帰り、慎重に検討することになる」と述べた。
 市が進める汚染廃棄物を堆肥化して減らす実験については「国や県の動きがないから独自策にかじを切った。実験は次のステップに進みつつある」と述べ、焼却に代わる処分方法として有用との認識を示した。
 処分の責任については「基準の以上以下に関係なく発生源は東電と国。両者が責任を取るべきだとの考えは変わらない」と従来の主張を繰り返し強調した。


2016年10月25日火曜日


先頭に戻る