宮城のニュース

<長沼ボート場>宮城知事「私に決める権限ない」

 東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリント会場の代替地に挙がっている県長沼ボート場(宮城県登米市)を巡り、小池百合子東京都知事が今月中に都の方針を出すことに関し、村井嘉浩宮城県知事は24日の定例記者会見で、「まな板の上のコイの心境。私に決める権限はない。土俵の外から見守るしかない」と述べた。
 小池知事は21日の定例記者会見で、長沼での開催に否定的な国際競技連盟や国際オリンピック委員会(IOC)との連携を重視する意向を示した。村井知事は「これまで小池知事は『長沼で』とはひと言も言っていない。最初から解決法を考えながら議論を進めていたのだろう」と話した。
 開催地の検討を進める都やIOCなど4者による作業部会の在り方には「客観的に見て納得できる結論を出してほしい」と注文。「県としては受け入れ態勢を整え、情報発信を続けていきたい」と強調した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年10月25日火曜日


先頭に戻る