宮城のニュース

<八木山動物公園>雄ライオンカーチス天国へ

22日に死んだカーチス。動物の爪痕を生かしたジーンズ制作でも活躍した=6月17日、仙台市八木山動物公園

 仙台市八木山動物公園の雄ライオン、カーチスが22日、19歳で死んだ。人気者の死を悼み、同園は23日からライオン展示場前に献花台を設置している。
 同園によると、カーチスは今月中旬から餌を食べなくなるなど体調不良が続いており、展示を中止していた。死因は調査中。
 飼育下のライオンの平均寿命は15〜20年ほどで、担当者は「高齢のため、治療をしても回復につながらなかったのではないか」と話している。
 カーチスは1998年2月に姫路セントラルパーク(兵庫県姫路市)から来園。人懐っこく、穏やかな性格で人気を集めていた。動物公園で飼育するライオンは、16歳の雌オニール1頭のみとなった。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月25日火曜日


先頭に戻る