広域のニュース

学生デザインラベルのワイン 今年も

 みやぎ生協(仙台市)は、東北の学生や生徒がデザインしたラベルの赤・白ワイン3種類(いずれも720ミリリットル)を宮城、山形、福島の各県生協の店舗で限定販売している=写真=。
 赤ワイン「あじろん甘口」(消費税別1380円、822本)は、東北芸工大(山形市)2年斎藤亮輔さん(20)がデザイン。ワインから香るブドウの匂いを紫色の模様で表した。
 赤ワイン「ヴィンテージルージュ辛口」(1150円、828本)は、宮教大大学院(仙台市)1年佐藤麻依子さん(25)が描いた。細密描写を用いて不思議な迷宮をイメージした。
 白ワイン「デラウェア」(935円、888本)は、東北生活文化大高(仙台市)3年中田シュナさん(18)の作品。ワインを飲む女性の官能的な美しさを曲線と模様で表現した。
 ラベル公募は7年目。宮城、山形両県の学生、高校生から計49点の応募があった。ワインは山梨県甲州市のメーカー蒼龍葡萄酒(そうりゅうぶどうしゅ)が製造した。


関連ページ: 広域 経済

2016年10月25日火曜日


先頭に戻る