宮城のニュース

おつかいできたよ 園児買い物体験

目的の野菜などを探す園児

 大郷町大郷幼稚園は社会教育の一環として町内の道の駅「おおさと」を訪れ、園児44人が地元野菜などの買い物を体験した。
 園児たちは町特産のモロヘイヤやジャガイモ、ナスなど、各家庭から頼まれた野菜類を自分で探し、幼稚園職員から渡された100円で買い物した。買った品は園児が持ち帰り、夕飯の食材などに使われた。
 引率した高橋裕美子教諭は「今回訪れたのは4歳児が中心。物を買うという行為を通じお金を大切にする心や人との関わりを学べたのではないか」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月27日木曜日


先頭に戻る