宮城のニュース

<大川小訴訟>命は戻らぬが公正な判断

津波で犠牲となった児童の写真を並べた横断幕を手に地裁に入る遺族ら=26日午後1時30分、仙台市青葉区の仙台地裁前

 宮城県石巻市大川小の津波被害を巡る訴訟で、学校の責任を認めた26日の仙台地裁判決を受け、同じ悲しみを抱える他の津波訴訟の元原告からは、学校の防災体制強化を求める声が相次いだ。
 園児5人が亡くなった石巻市の私立日和幼稚園訴訟(仙台高裁で和解)の原告だった佐藤美香さん(41)は「被告の市と県は判決を真摯(しんし)に受け止めてほしい」と行政側に求めた。
 東日本大震災発生後、長女愛梨ちゃん=当時(6)=らを乗せたバスは、高台にある園から沿岸部へ向かった。佐藤さんは「子どもは先生の言うことを聞くしかない。大人の判断で、助かる命と助からない命とに二分されてしまうようなことがあってはならない」と訴える。
 行員ら12人が犠牲となった女川町の七十七銀行女川支店を巡る訴訟(最高裁で敗訴確定)の原告だった田村孝行さん(56)は、元行員の長男健太さん=当時(25)=が犠牲になった。
 日和幼稚園や大川小の遺族と「3.11ネットワーク」を結成し、来年2月11日にフォーラムを開く。「失われた命は二度と戻らない。悲劇を繰り返さないために負の財産を教訓とし、安全な社会にしたい」と遺族同士の結束を強めていく覚悟だ。
 園児3人が亡くなった山元町東保育所を巡る訴訟(最高裁で敗訴確定)の原告で、一人息子の鈴木将宏ちゃん=当時(6)=を亡くしたあけみさん(51)は「市の主張が認められると、行政が反省する機会が永遠に失われてしまうと思っていた」と話す。
 大川小訴訟の遺族と交流を続ける鈴木さんは「自分の息子も、大川小の子も、最後まで先生を信頼していたはず。命が戻ってくるわけではないが、公正な判断だと感じる」と語った。


2016年10月27日木曜日


先頭に戻る