広域のニュース

高配当うたい詐取容疑6人逮捕 被害30億円か

 会社に出資すれば配当金がもらえるとうそをつき、現金をだまし取ったとして岩手、秋田両県警の合同捜査本部は26日、詐欺の疑いで、盛岡市のデジタルデザイン会社「ベリテ」社長中里浩幸容疑者(50)=盛岡市東黒石野1丁目=ら男女6人を逮捕したと発表した。
 岩手県警が押収した同社の帳簿などによると、同社が設立された2008年以降、中里容疑者や同社名義の口座に全国の200人以上から計約30億円の振り込みがあった。両県警は、ほとんどが違法行為による利得とみて裏付け捜査を進めている。
 6人の逮捕容疑は共謀して昨年4〜9月、盛岡市と秋田市のいずれも60代の女性3人に対し「元本保証と高配当を約束する」などとうそを言い、同社が手掛ける金や原油の先物取引への投資を持ち掛け、現金計1650万円をだまし取った疑い。両県警は認否を明らかにしていない。
 他に逮捕されたのは同社の元経理担当釜崎恵美子(44)=同市黒石野3丁目=、いずれも営業担当の渡辺史仁(36)=仙台市青葉区中央4丁目=、佐々木茂則(52)=盛岡市清水町=、越前かく子(65)=秋田市八橋大沼町=、中里容疑者の知人の会社役員吉田耕治(56)=山形市馬見ケ崎2丁目=の5容疑者。


関連ページ: 広域 社会

2016年10月27日木曜日


先頭に戻る