宮城のニュース

楽天選手のフィギュア欲しさにチケット偽造か

 仙台東署は27日、偽造有価証券交付の疑いで、仙台市泉区鶴が丘1丁目、青果店従業員伊藤次男容疑者(66)を逮捕した。
 逮捕容疑は8月26日ごろ、宮城野区の楽天Koboスタジアム宮城敷地内で、プロ野球東北楽天の偽造観戦チケット3枚を顔見知りの男性(53)に手渡した疑い。
 東署によると、伊藤容疑者は7月中旬ごろ、インターネットで観戦チケット1枚を購入し、複数枚をコピーして偽チケットを製造。男性に偽チケットを渡し、8月27日の試合前に配布される数量限定の選手フィギュアの受け取りを依頼したという。
 会場スタッフが偽造に気付き発覚した。同署が余罪や男性の関与を調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月28日金曜日


先頭に戻る