青森のニュース

佐井村の海岸にまた木造船

 27日午前6時半ごろ、青森県佐井村の牛滝漁港北側の海岸で、木造船が漂着しているのを住民が見つけ、佐井村役場に通報した。青森海上保安部によると、船は全長約6.2メートルで、底板がなく、全体に海藻が付着していた。船内は無人でエンジンがなく、船首付近に赤でハングルのような文字が書いてあったという。県内では17日に深浦町沖、18日に佐井村沖で、木造の漂着船が相次いで発見されている。


関連ページ: 青森 社会

2016年10月29日土曜日


先頭に戻る