秋田のニュース

男女協力し合う社会を 日本女性会議開幕

 男女が協力し合う社会づくりを考える「日本女性会議2016秋田」(実行委員会など主催)が28日、秋田市の秋田県民会館で始まった。
 初日は開会式や、横手市出身のヘアメーキャップアーティスト藤原美智子さんの基調講演があり、約1800人が参加した。30日まで。
 藤原さんは「違いこそが個性を作る、自信を作る、魅力を作る」と題して講演。「自分の個性を持ったことで自信が生まれ、他人に優しく、他人を認める余裕ができた」と振り返った上で、「その人の個性が開花できるメークをするからこそ、自信が生まれ、輝く」と述べた。
 大会テーマは「みつめて みとめて あなたと私〜多様性(ダイバーシティ)とは〜」。29日は秋田市中心部で分科会やシンポジウム、30日は男鹿市や仙北市などを訪れる体験型見学会がある。


関連ページ: 秋田 社会

2016年10月29日土曜日


先頭に戻る