福島のニュース

<避難解除>川俣・山木屋は3月末 政府決定

 政府は28日、原子力災害対策本部会議を開き、東京電力福島第1原発事故に伴う福島県川俣町山木屋地区の避難指示を、2017年3月31日に解除することを正式決定した。
 対象は居住制限と避難指示解除準備の両区域の552世帯1169人(10月1日現在)。川俣町の避難区域は全て解消される。
 山木屋地区の避難指示解除を巡っては、古川道郎町長が昨年12月〜今年5月に入院した影響で目標時期の明示が遅れた。古川町長は退院後、今年8月末の解除を目指す方針を示したが、住民から生活再建に対する不安を訴える声が相次ぎ、先延ばしした。
 同地区では15年8月31日から準備宿泊が実施されている。今月27日時点の登録者は47世帯の129人。
 17年3月31日には全村避難する福島県飯舘村の避難指示も帰還困難区域を除いて解除される。


2016年10月29日土曜日


先頭に戻る