福島のニュース

被災地の裁判員再開へ 福島地裁

 福島地裁は28日、裁判員裁判で、東京電力福島第1原発事故の被災地を対象に見合わせていた裁判員候補者の呼び出しを、本年度に入って避難指示が解除された地域について11月1日から再開すると発表した。
 対象は南相馬市と福島県葛尾村、川内村の一部地域。南相馬、葛尾の帰還困難区域や避難指示が続いている双葉、大熊、富岡、浪江各町と飯舘村の全域と川俣町山木屋地区は引き続き見合わせる。


関連ページ: 福島 社会

2016年10月29日土曜日


先頭に戻る