宮城のニュース

<仙台L>GK斉藤 今季初先発へ

28日の紅白戦でゴールキックを蹴る斉藤

◎「体張ってゴール守る」
 仙台L発足時の2012年からのメンバーの一人、GK斉藤が今季公式戦初出場を先発で飾りそうだ。長らく出場機会を待ち望んできた25歳。「不安もあるが楽しみ。体を張ってゴールを守る」と声を弾ませる。
 今季はGKキャメロンがリーグ戦、カップ戦を通じてフル出場し、出番がなかった。ベンチで見守り「しっかり(シュートを)止めて貢献していた」と、勝利を呼び込んだプレーの数々に刺激された。
 宮城・常盤木学園高時代は年代別日本代表に選ばれ、全国優勝も経験。175センチの長身と、高いキック力を武器にするが、歴代の正GKの控えに甘んじてきた。前回出場した公式戦は昨年11月の皇后杯2回戦。約1年間、誰よりも遅くまで練習し努力を重ねてきた。
 皇后杯初戦の神村学園高相手に「高校生だろうが本気でぶつかり、90分間で試合を決めないといけない。得点につながるキックも蹴りたい」と闘志を燃やす。
 チームは優勝を目指したリーグ戦で4位、カップ戦では4強止まり。皇后杯は悲願のタイトルをつかむ今季最後のチャンスだ。「一発勝負は何があるか分からない。出るからには勝ちにこだわる」と初戦突破を誓う。(加藤伸一)


2016年10月30日日曜日


先頭に戻る