宮城のニュース

<仙台満店>イクラがたっぷり歓声

季節の炊き込みご飯のはらこ飯。ご飯は炊き上がるとテーブルに運ばれ、スタッフがよそってくれる
「無垢とうや」の店名には素材の良さをそのまま生かす思いを込めた。内装には木をふんだんに使っている

◎お米にこだわる 定禅寺通りのわしょく 無垢(むく)とうや(青葉区)

 新米のおいしい便りが続々届いていますね。今月のテーマ「お米にこだわる」の最後、もてなし好きライター4番手の関口幸希子が紹介するのは「定禅寺通りのわしょく 無垢とうや」です。
 大きなガラス窓越しに目線の高さでケヤキが美しく枝葉を広げ、店内はしっとりと落ち着いた雰囲気。ここで味わえるのは、各地から取り寄せた旬の食材と日本酒、日本ワインなどで「天ぷらをメインに炭火焼き、蒸し料理など、素材のうま味を引き出すことを心掛けています」と店長の斎藤和之さん(40)。
 おなかに少し余裕を持たせて、シメにいただきたいのが土鍋で炊き上げるご飯。栗原市一迫産の「つや姫」を十分に浸水させて炊くのがこだわりです。
 つや姫は2010年にデビューした山形の品種で、一粒一粒がつやつやと輝き、米の甘味をしっかりと感じられると人気です。白米の「土鍋炊き立てご飯」(650円)と「季節の炊き込みご飯」があります。ともに1合で、みそ汁付きです。
 どちらにしようか迷いますが、「この時季はこれを目当てに来店される方もいます」という「はらこ飯」(1480円)はいかがでしょう。かつおだしとみりん、しょうゆで炊いた上品な味わいのご飯にイクラがたっぷり。分厚いサケの切り身は香ばしくあぶり焼きして後からのせています。
 ふたを開けると歓声が上がるというのもうなずけますね。注文してから炊くので30分はかかりますが、おこげが出来ることを祈りつつ待つのも楽しみです。

[メ モ]仙台市青葉区国分町3の3の5、リスズビル2階▽午後5時半〜午前2時。無休▽ご飯ものは持ち帰り可。白米にはご飯のお供が付き、11月末まではイクラ。天ぷらプチコース1250円(2人前〜)も人気▽カウンター12席、テーブル24席、個室12席。お通し600円▽022(263)6069。


関連ページ: 宮城 経済 仙台満店

2016年10月31日月曜日


先頭に戻る