宮城のニュース

ラッカセイどっさり 園児にっこり

収穫したばかりのラッカセイを手にする園児

 宮城県山元町のNPO法人「里山ひろば」は10月19日、同町高瀬にある法人の畑で収穫祭を開いた。地元の幼稚園児や保護者らがラッカセイの収穫やサツマイモ掘り、焼き芋などで、里山の自然を満喫した。
 ラッカセイの収穫には園児約40人が参加。今年5月に自分たちが植えた約50株を引き抜き、実を手のひらに乗せ友達と見せ合った。
 里山ひろばは、自然との触れ合いなどを通じた地域活性化を目指している。日下俊直理事長(77)は「自然と接する機会を子どもたちに持ってもらいたい」と話した。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年11月01日火曜日


先頭に戻る