宮城のニュース

<仙台商議所>副会頭に加藤氏 鎌田会頭再任

[加藤 博氏(かとう・ひろし)]日大卒。73年東北電力入社。常務火力原子力本部長代理、副社長などを経て12年6月から現職。67歳。新潟市出身。

 仙台商工会議所は1日、臨時議員総会を開き、鎌田宏会頭(75)の再任を決めた。鎌田氏は3期目。退任した佐藤湛彦(きよひこ)副会頭(74)の後任には、東北発電工業(仙台市)の加藤博社長(67)が就いた。任期はともに3年。
 藤崎の藤〓三郎助社長(67)、紫峰興産の庄子正文会長(78)、バイタルネットの鈴木賢会長(68)、仙台ビルディングの渡辺静吉社長(68)の副会頭4人は留任した。
 鎌田会頭は「東日本大震災からの復興は道半ば。販路回復や外国人旅行客の交流拡大など東北全体を視野に入れ、課題解決に力を尽くしたい」と抱負を述べた。新副会頭の加藤氏は「復興の加速に向けた対策を進めたい」と話した。
 理事は間庭洋専務理事(68)が退任し、後任に今野薫常務理事・事務局長(61)が就任した。

※〓は「崎」の「大」が「立」
 


関連ページ: 宮城 経済

2016年11月02日水曜日


先頭に戻る