宮城のニュース

畑に不審バルーン タイマーのような機器

宮城県大和町内で発見されたバルーン

 宮城県警大和署は1日、大和町内でタイマーのような機器が付属した不審なバルーンが見つかったと発表した。
 大和署によると、10月28日午前10時10分ごろ、同町鶴巣北目大崎の畑でバルーンが落ちていると、通行中の男性から通報があった。
 バルーンは縦約6.4メートル、横約2.7メートルのビニール製。ビニール製のやや小さい袋とビニールパック、タイマーのような機器とひもでつながっていた。機器に内蔵された単3型乾電池2本にはハングル表記があり、「メイド・イン・コリア」と英語も記されていた。
 同様のバルーンは9月以降、秋田、山形、青森の各県でも発見されている。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月02日水曜日


先頭に戻る