宮城のニュース

<蔵王山>うっすら雪化粧 朝日に輝く

初雪に白く染まった刈田岳山頂付近=2日午前8時20分ごろ

 宮城、山形の県境にまたがる蔵王山(蔵王連峰)で2日朝、今季初の積雪が確認された。刈田岳(1758メートル)では、うっすらと雪化粧した山頂付近の雪原が朝日を浴びて輝いていた。
 蔵王エコーライン(宮城県蔵王町−上山市)の管理を宮城県から委託されている業者によると、午前8時の山頂付近の気温は氷点下4度。1日夕にみぞれが降り始め、夜には雪へと変わった。
 仙台市宮城野区の仙台管区気象台から積雪を目視で確認する「初冠雪」は、見通しが悪く、お預けとなった。
 管区気象台によると、仙台の2日朝の最低気温は、今季最低となる4.2度だった。3日の県内は、低気圧が発達しながら東北地方を通過するため、曇りで昼前に一時雨が降る見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月02日水曜日


先頭に戻る