宮城のニュース

<楽天>秋季キャンプ始まる

ランニングで倉敷キャンプをスタートする東北楽天の選手=1日午前、岡山県倉敷市のマスカットスタジアム

 東北楽天の秋季キャンプが1日、岡山県倉敷市のマスカットスタジアムで始まった。若手を中心に銀次や則本昂大ら34選手が参加し、3年連続のBクラス(4位以下)からの脱却を目指し汗を流した。
 好天の下、練習は午前9時半から始まり、投内連係や走塁練習など、今キャンプで主眼を置く実戦的なメニューに取り組んだ。
 練習に先立つ式典で、岡山県の伊原木隆太知事は「岡山は晴れの国。暖かい気候の中で存分に練習し、来季飛躍するよう祈っている」と歓迎し、梨田昌孝監督は「今年はふがいない戦いが多かったが、ここから皆さんの期待に沿える戦いをしたい。ぜひ球場に来て選手の背中を押してほしい」とあいさつした。
 秋季キャンプは17日まで。4、9、14の各日は休養日で、紅白戦を12、16日に予定している。


2016年11月02日水曜日


先頭に戻る