青森のニュース

<蕪嶋神社>再建へ2020年まで立ち入り禁止

地鎮祭後、蕪島を後にする神社関係者ら

 青森県八戸市の観光名所の蕪島で1日、火災で全焼した蕪嶋神社再建工事の地鎮祭があった。工事は予定より2日遅れの4日に始まり、蕪島は2020年3月まで観光客らの立ち入りが禁止される。
 計画では社殿完成は19年12月、一般開放は20年3月を見込む。蕪島への立ち入り禁止措置に伴い、頂上にあった浄財箱は島の手前に移る。神社の行事は場所を変えて例年通り実施する。
 火災は昨年11月5日未明に起きた。野沢俊雄宮司(66)は地鎮祭後、「火災から1年がたち、ようやくこの日を迎えた。観光客らには迷惑を掛けるが、3年後の社殿完成を楽しみにしてもらいたい」と話した。


関連ページ: 青森 社会

2016年11月02日水曜日


先頭に戻る