秋田のニュース

<秋田竜巻>風速50mか

 秋田市八橋鯲沼(どじょうぬま)町などで10月31日にあった竜巻とみられる突風被害で、秋田地方気象台は1日、前日に続く現地調査の結果、風速は毎秒約50メートルと推定した。
 突風の強さを示す「日本版改良藤田スケール」に照らすと、6段階のうち2番目に弱いJEF1。ワンボックスタイプの乗用車が横ずれしていることなどから判断した。
 気象台によると、突風は31日午後0時半ごろ発生。日本海に近い同市向浜から、八橋鯲沼町や泉中央にかけて、東西に長さ約4キロ、幅約200メートルの地域で断続的に被害が出た。


関連ページ: 秋田 社会

2016年11月02日水曜日


先頭に戻る