秋田のニュース

<合格祈願>空飛ぶ昆布 成績も上がれ

宙を舞う合格祈願昆布「飛翔」を削る職人

 宙を舞うリボンのように削り出される昆布に、成績向上などの願掛けをする合格祈願昆布「飛翔(ひしょう)」の製造が1日、秋田県横手市増田町の佐藤こんぶ店で始まった。
 飛翔は粗い糸状の「きざみ昆布」。円筒形の機械に昆布を巻き付けて回転させ、薄く削る。勢いよく跳ね上がるさまから「空飛ぶ昆布」とも呼ばれ、成績がぐんぐん上がるようにとの願いを託している。
 粘りが強く栄養価が高い函館近海産の最高級品「がごめ昆布」を使う。2011年に合格祈願グッズとして売り出した。
 この日は作業の安全と合格祈願の神事の後、製造を開始。「合格」と書かれた鉢巻きを締めた職人の福田将臣さん(35)が昆布を削り、「粘り強い昆布を食べて健康になってもらい、受験に臨んでほしい」と話した。作業は受験本番を迎える来年2月上旬まで続く。
 飛翔は60グラム入り700円。店頭のほか、店のホームページからも購入可能。連絡先は同店0182(45)3216。


関連ページ: 秋田 社会

2016年11月02日水曜日


先頭に戻る