山形のニュース

<モンテ>児童ポルノ公開か 中村選手を逮捕

 京都府警は1日、男児のわいせつ動画をネット上に公開したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(公然陳列)などの疑いで、サッカーJ2「モンテディオ山形」所属選手の中村隼容疑者(24)=山形市=を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年11月14〜18日、パソコンやスマートフォンを使い、動画を共有するアプリを通じて、男児のわいせつ動画を不特定多数の利用者が閲覧できる状態にした疑い。
 府警によると、「間違いありません」と容疑を認めている。府警がサイバーパトロールで、中村容疑者がツイッター上に動画を見るためのアプリのパスワードを載せていたのを発見した。
 動画は他人が公開していたものをダウンロードしたとみられる。
 中村容疑者は埼玉県出身で2010年入団。14年、期限付きで長崎に移籍し、15年に復帰した。ポジションはゴールキーパーで、今シーズンは出場機会がなかった。
 J2山形を運営するモンテディオ山形は1日、天童市で記者会見を開き、森谷俊雄社長が「青少年に夢と希望を与える選手の逮捕は遺憾。不祥事を深く反省し、信頼回復に全力を尽くす。事実を確認し、厳正に対処したい」と謝罪した。


関連ページ: 山形 社会

2016年11月02日水曜日


先頭に戻る