広域のニュース

「チート懲らしめたかった」高1逮捕

 オンラインゲームを有利に進めさせる不正ソフト「チートツール」を装ったウイルスをダウンロードさせ、他人のパソコンを遠隔操作したとして、宮城、神奈川、静岡各県警の合同捜査本部は1日、不正指令電磁的記録供用の疑いで、和歌山県有田川町の高校1年生の少年(16)を逮捕した。
 合同捜査本部によると、少年は「チートツールを使っているやつを懲らしめたかった」と容疑を認めている。同本部は少年が2014年春以降、延べ2100回以上ウイルスをダウンロードさせたとみて裏付けを進めている。
 逮捕容疑は今年5月3〜7日、自宅で自分のパソコンを使い、チートツールを装ったウイルスをオンラインゲームの掲示板に載せ、横浜市の男性会社員(21)にダウンロードさせた疑い。
 同本部によると、少年は「ネット仲間からウイルスをもらった」と供述している。ウイルス感染させた男性のパソコンでゲームをしたり、画面上に「ばか」と表示させたりしたという。
 男性の被害届を受け、神奈川県警が5月、捜査に着手。宮城県警も直後にサイバーパトロールでウイルスを見つけ、合同で捜査していた。


関連ページ: 広域 社会

2016年11月02日水曜日


先頭に戻る