宮城のニュース

音の豊かな特等席

 ◇…ピアノの下に素早く潜り込む中学生たち。音楽の授業中に地震でも起きたのだろうか?
 ◇…実はこれ、生徒にピアノに親しんでもらおうと、宮城県大河原町のえずこホールが大河原中で開いた授業の一こま。東京のピアニスト田村緑さんがエルガー「威風堂々」を演奏する中、生徒が下から「響板」と呼ばれる部分に触れ、振動する様子を確かめた。
 ◇…響板は音を増幅させ、豊かにする重要な部分。生徒たちのピアノへの関心もしっかりと増幅させていた。(大河原)


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月03日木曜日


先頭に戻る