宮城のニュース

磨いた芸600人が披露 多賀城の老人ク

ステージ発表する会員

 多賀城市老人クラブ連合会の演芸大会が10月26日、市文化センターであり、会員約600人が日頃の練習の成果を披露した。
 市内24地区のクラブから50組が出演し、合唱、民謡、ダンスなどを披露。衣装や振り付けに工夫を凝らしたステージに、会場からは大きな拍手が寄せられた。
 連合会の会員は現在980人。阿部昭一会長は「高齢者は増えているが、会員は年々減っている。外出の機会になる魅力ある催事などを提案し、会員を増やしたい」と話した。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年11月04日金曜日


先頭に戻る