宮城のニュース

<松島円通院>夜空と紅葉 水面に蒔絵

鏡のような水面に「逆さ紅葉」が映る。拝観者がうっとりと見入っていた=宮城県松島町の円通院

 宮城県松島町の円通院で、紅葉のライトアップが行われている。約250本のモミジを中心に色づき、赤、黄、緑のグラデーションが暗闇に浮かび上がる。23日まで。
 庭園の「心字の池」の水面(みなも)には、池の縁の紅葉したモミジが映る。蒔絵(まきえ)のような景色が広がり、拝観者を魅了している。境内の紅葉の見頃は10日ごろまで続く見込み。
 ライトアップは12年目。多くの若者に来てもらおうと、今年は初めて色を楽しめる発光ダイオード(LED)を導入した。天野晴華副住職(36)は「出会いの場、デートコースの雰囲気をつくった。円通院は縁結びのお寺ですから」と話す。
 午後9時まで点灯。拝観料は一般500円。松島湾クルーズなど関連イベントも開かれている。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月04日金曜日


先頭に戻る