宮城のニュース

<にゃんとワンポイント>足音消し滑り止めも

猫好きの心をくすぐる肉球。足音を消し、滑り止めにもなる=仙台市青葉区、猫カフェ天使のこねこネコ

 猫の魅力の一つといえる肉球。丸い形をしていて軟らかい。そして「臭いがたまらない」という愛猫家も多いのではないでしょうか。肉球型のクッキー、おもちゃ、肉球の香りのするクリームなどが商品化され、人気の高さがうかがえます。

◎肉球の役割

 肉球は子猫の時はとても軟らかいのですが、歩くようになり、外に出る機会が増えると少しずつ硬くなります。しかし、最近の猫たちは完全室内飼育が多く、大人になっても軟らかさを残しています。
 そもそも肉球にはどのような役割があるのでしょうか。
 一つ目は、足音の消音です。本来猫は待ち伏せ型の狩りをしていたため、獲物に気付かれず飛び掛かれる距離まで近づくためには、足音を消す必要があったのです。狩りをしなくなった現在の猫たちもその名残を受け継いでいるので、フローリングの上を歩いても全く音がしません。
 二つ目は、高所から飛び降り、着地した際の衝撃の吸収です。
 三つ目は滑り止め。肉球にはさらさらした汗を分泌する「エクリン汗腺」があります。肉球に潤いと湿り気を与え、滑り止めとして機能します。ところが、フローリングでは役に立ちません。猛ダッシュの際は滑ってけがをする恐れもあり、カーペットを敷くなど対策が必要かもしれません。
 一見丈夫そうに見える肉球ですが、とがったものや刃物類などを踏めば当然けがをします。病気で腫れることもあります。高齢になると爪とぎの回数が減り、爪が肉球に刺さり化膿(かのう)する猫もいます。毎日のスキンシップを通してチェックすることが、病気やけがの早期発見につながります。異常が見られた場合は動物病院を受診してください。
(専門学校講師・獣医師 成沢千香)


2016年11月04日金曜日


先頭に戻る