宮城のニュース

<楽天>5年目の左腕森 武者修行へ

メキシコのウインターリーグ出発を前に調整する森

 来季で高卒5年目となる左腕の森雄大が、メキシコのウインターリーグで武者修行する。7日に出発し、来月17日に帰国する予定。「決め球を身に付け、来季は開幕先発枠に入りたい」と決意を語った。
 「新しいものを持ってきたい。わくわくしている」。倉敷で3日、チームメートに別れを告げながら、瞳を輝かせた。先月半ば、球団から「行かないか」と声を掛けられ、即決した。「今季はけがをして投げていない。不安よりも、投げたい気持ちが強かった」
 初めての海外ウインターリーグ。「(2015年オフに)台湾に行った岩貞(祐太)さん(阪神)ら、行った人は成功しているイメージがある」。今季のメキシコには、ソフトバンクのベテラン五十嵐亮太も参加している。
 テーマは「カウントを取れる変化球と決め球」だ。「大きなカーブと、真っすぐとスライダーの強い球。習得中のチェンジアップも使える球にしたい」と目標は具体的だ。
 13年のドラフト1位。来季は同い年の大卒新人が入ってくる。「同級生には負けていられない」と勝負の年となる。
 梨田昌孝監督は「良いと言われながら、伸び悩んでいる。何かを身に付け、ひと皮もふた皮もむけてほしい」と送り出す。(野仲敏勝)


2016年11月04日金曜日


先頭に戻る