青森のニュース

<青森市長選>連合青森 渋谷氏を支持

 鹿内博前市長の辞職に伴う青森市長選で、連合青森は3日、青森市で政治センター幹事会を開き、元青森県議渋谷哲一氏(55)を支持すると決めた。12日の執行委員会で正式決定する。
 内村隆志会長は会合後、「渋谷氏は連合の街頭行動に協力してくれていた。市労連などの意思も尊重し支持を決めた」と理由を説明。渋谷氏は10月24日に連合青森に推薦願を提出していたが、推薦は見送った。近く政策協定を結ぶ。
 内村会長は、立候補を表明した元総務省職員小野寺晃彦氏(41)とも面会した上で支援を見送ったことを明らかにした。「保守色の強い候補者を支持することでねじれをつくるのは、次期衆院選にとっても好ましくない」と理由を述べた。
 市長選ではほかに、元衆院議員横山北斗氏(53)が立候補の意思を示している。


関連ページ: 青森 政治・行政

2016年11月04日金曜日


先頭に戻る