山形のニュース

<モンテ>連敗 終盤に失点18位

 サッカーJ2リーグ第39節(3日・ニッパツ三ツ沢球技場ほか=11試合)山形は横浜Cに1−2で敗れ、2連敗となった。勝ち点40の18位は変わらない。J3との入れ替え戦がある21位との勝ち点差は3に縮まった。山形の残り試合は3。
 首位の札幌が讃岐に4−1で快勝して連敗を2で止め、勝ち点を81に伸ばした。次節にも5年ぶりのJ1復帰が決まる。2位の松本は熊本を下し、78。京都に勝った3位清水が75で続く。

◎佐藤得点も実らず
(2)ニッパ(横浜C1勝1分け)
横浜C 2/1−0/1 山形
      1−1
▽得点者 【横】イバ(18)永田(3)【山】佐藤(1)
▽観衆 6912人

 山形が競り負け、2連敗を喫した。前半29分に松岡が2度目の警告を受け退場すると、39分にFKから失点。後半に佐藤のゴールで一度は追い付いたが、42分にカウンターから永田に決められ、力尽きた。
 横浜Cは山形より少ない決定機を生かし3連勝。

<退場者出して残念/山形・石崎信弘監督の話>
 序盤からいい形で好機はあったが、退場者を出してしまい残念。好機も決め切れない。2試合連続で1人少ない戦いになり、次節は中2日。出場停止の選手もいる。総力戦になる。


2016年11月04日金曜日


先頭に戻る