宮城のニュース

<イオン>国際エコ認証一本釣りカツオ販売

MSC認証を取得した明豊漁業が水揚げしたカツオが特設会場に並んだ=仙台市青葉区のイオン仙台店

 イオンリテール(千葉市)は4日、宮城県塩釜市の明豊漁業の一本釣り漁が、環境配慮の漁業として国際機関「海洋管理協議会(MSC)」の認証を取得したことを受け、同社が水揚げしたカツオの全国販売を始めた。
 MSC認証は国内3例目で東北初。商品は三陸東沖で一本釣りし、塩釜港に水揚げされたカツオ。来年2月ごろまで計約160トンが、イオンやマックスバリュなど全国のグループ約1000店舗で販売される。
 仙台市青葉区のイオン仙台店でPRイベントがあり、クリスロード商店街側入り口前の特設会場で「海のエコラベル」が付けられたカツオのたたきなどを販売。買い物客らにカツオの刺し身が振る舞われた。
 イオンリテールの松本金蔵水産企画部長は「東北の復興支援とともに、環境に十分配慮した質の高い塩釜のカツオを全国に発信したい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2016年11月05日土曜日


先頭に戻る