宮城のニュース

洋菓子店と仙台二華高生が野菜スイーツ開発

スイーツのデビューを喜ぶ伊東さん(右から2人目)、佐口さん(右から3人目)ら=仙台二華高

 仙台市若林区連坊小路のむにゃむにゃ通り商店街商興会の洋菓子店2店が、地元の仙台二華高調理部と組んで仙台産野菜スイーツを開発、発売した。市の「仙台あおばスイーツ」に認定され、関係者は「地域の力を合わせて生まれた味を広くアピールしたい」と意気込む。
 共同開発したスイーツはガトーオバラの「小松菜とカボチャのミルクレープ」、ぷちまるきろくえもんの「ニンジンのチョコタルト」。
 前者は仙台産の小松菜が入ったクレープシートで、カボチャとチーズのクリームを交互に挟んだ。後者は仙台産の雪菜をタルト生地に練り込み、ドーム型のチョコレートムースに刻んだニンジンを入れた。共に1個300円。
 仙台二華中・高の「学校門前商店街」をうたう商興会は、2010年の開校時に生徒と記念スイーツを共同開発したり、文化祭に毎年出店したり同校との交流を育んできた。今回もその一環で取り組んだ。
 調理部員25人が今夏、アイデアを出し合い候補を3点に絞り込んだ。9月にあった同校文化祭で菓子のイラストと説明文を基に来場者に投票してもらい、上位2点を選んだ。
 調理部部長の2年伊東茉莉さん(17)は「地元の仙台産野菜の良さを伝えたかった。提案のイメージに近い味と見た目になっていたのがうれしい」と話す。
 商興会会長で、ぷちまるきろくえもん店主の佐口梅幸さん(65)は「ケーキの素材に野菜を使うことで新発見があり、可能性が広がった」と手応えを語る。
 仙台産野菜を使った菓子を市が認定する仙台あおばスイーツは11年度に始まった。連絡先はガトーオバラ022(225)1591、ぷちまるきろくえもん022(266)7686。


関連ページ: 宮城 社会

2016年11月05日土曜日


先頭に戻る