宮城のニュース

<世界津波の日>東部道路へ迅速に避難

避難階段で仙台東部道路に駆け上がる藤田町内会の住民ら=5日午前8時50分ごろ、仙台市若林区荒井

 仙台市若林区荒井の藤田町内会は5日、避難場所となっている仙台東部道路に駆け上がる訓練を行った。
 179世帯から約200人が参加。参加者は集合場所の荒井地区の公園から東部道路に至る避難階段へ歩いて移動し、階段を上って道路脇に着くまでの所要時間を確かめた。
 参加者の一人、主婦瀬戸富子さん(64)は「10分ほどで避難できると分かり安心した」と話した。相原進会長(74)は「災害弱者の独居高齢者が増え、住民同士の連携がさらに重要になる」と気を引き締めた。


2016年11月06日日曜日


先頭に戻る