宮城のニュース

涌谷でプロが名曲披露 児童も演奏参加

子どもたちがプロの演奏に触れたコンサート

 東北電力古川営業所(大崎市)は10月27日、プロの音楽家の演奏を聴く「スクールコンサート」を涌谷町涌谷一小(児童438人)で開いた。
 同校と同町月将館小(179人)の全校児童が参加。仙台在住の音楽家7人でつくる「仙台チェンバーアンサンブル」がクラシックやポップスの名曲などを披露。子どもたちが体を楽器に見立てて演奏に参加するボディーパーカッションや演奏の指揮を任されるコーナーもあった。
 指揮を体験した涌谷一小6年の佐々木悠貴さん(12)は「緊張したが、指揮者は棒を振るだけでなく意外にやることが多いと分かった」と話した。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年11月07日月曜日


先頭に戻る