福島のニュース

<河北新報杯>秋の福島競馬 キングハートがV

キングハート(先頭)が後続の猛追をかわした河北新報杯

 秋の福島競馬が5日、福島市の日本中央競馬会(JRA)福島競馬場で開幕した。初日のメインレースの河北新報杯(15頭、1200メートル芝)は、3番人気のキングハート(牡3歳、中谷雄太騎乗)が1分8秒2のタイムで優勝し、河北新報杯と賞金1400万円を獲得した。
 レースは、キングハートが最後の直線で1番人気のハッピーノリチャンをかわして先頭に。後続の猛追を受けたがアタマ差で逃げ切った。
 初日の来場者は約8600人、売り上げは約33億7900万円でほぼ前年並みだった。秋の福島競馬は20日までの土・日曜開催で、13日には重賞レースの福島記念(GV)が行われる。


関連ページ: 福島 スポーツ

2016年11月06日日曜日


先頭に戻る